テーマ:ベネズエラ

「資源の呪い」

 “resource curse”(資源の呪い)という経済用語がある。“paradox of plenty”(豊富さの逆説)という言い方もする。天然資源に恵まれた国は、乏しい国より経済発展が遅れる傾向にあるということを説明する時に使われる。「われわれは石油の呪いの犠牲者だ。石油国家は非常に豊かだ。だがその反面、この富は“a blessi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう片方の靴

 ベネズエラにおける言論締めつけに関するopenDemocracyの記事Venezuela's media in a Bolivarian stormを読んでいて、結びのところで引っかかった。そこにはこう書かれていた。  “With many other areas of national life already subject…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more