アクセスカウンタ

<<  2008年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
「影の銀行システム」への取り付け騒ぎ
 経営破たんした米証券大手のベアー・スターンズは、米銀行大手のJPモルガン・チェースにfire sale(激安で)救済買収された。メディアはこれを、連邦準備制度理事会(FRB)による”shotgun marriage”(強制結婚)と呼んでいる。「金融危機は新自由主義グローバリゼーションの終えんと新たな規制の時代の始まりを告げるもの」(IPS3月20日)なのか。破たんは、bank run(取り付け騒ぎ)で資金繰りが急速に悪化したためだ。エコノミストによると、現在起きている金融危機はrun on t... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/30 13:40
waterboarding (水責め)とt-word
 ブッシュ米大統領は8日、米中央情報局(CIA)がテロ容疑者への尋問でwaterboarding (水責め)などの手法を用いることを禁止する法案に拒否権を発動した。これを報じたニューヨーク・タイムズ紙が、torture(拷問)という言葉を使わずにwaterboardingを説明したことに対して、米国のジャーナリストがthird-rate journalism (三流ジャーナリズム)だとこき下ろした。(鳥居英晴) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/17 17:22
ヒラリー・クリントンの「台所の流し(キッチンシンク)戦略」
“kitchen sink strategy”(台所の流し戦略)という言葉が米大統領選に関する英文記事に登場し始めた。民主党指名争いで窮地に追い込まれたヒラリー・クリントン陣営が発動した作戦だ。クリントンが3月4日に行われた予備選挙でテキサスとオハイオの重要な2州を制し、土壇場で踏みとどまったのは、この作戦が功を奏したためだと言われている。(鳥居英晴) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/10 17:31
米大統領選挙と「満洲の候補者」
米大統領選挙と「満洲の候補者」  “Obama: not a Manchurian candidate”(ロサンゼルス・タイムズ紙、2007年12月3日)、“The Manchurian Conservative”(ニューヨーク・タイムズ紙、2月19日)。前者は米大統領選挙の民主党候補者オバマ、後者は共和党候補者マケインについての記事の見出しである。米大統領選挙とManchuria、満洲(中国東北部)とどのような関係があるのか?(鳥居英晴) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/03 17:34

<<  2008年3月のブログ記事  >> 

トップへ

時事英語ブリーフィング 2008年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる