時事英語ブリーフィング

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒラリー・クリントンの「台所の流し(キッチンシンク)戦略」

<<   作成日時 : 2008/03/10 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

“kitchen sink strategy”(台所の流し戦略)という言葉が米大統領選に関する英文記事に登場し始めた。民主党指名争いで窮地に追い込まれたヒラリー・クリントン陣営が発動した作戦だ。クリントンが3月4日に行われた予備選挙でテキサスとオハイオの重要な2州を制し、土壇場で踏みとどまったのは、この作戦が功を奏したためだと言われている。(鳥居英晴)

 この作戦が初めて報じられたのは”Clinton campaign starts 5-point attack on Obama”(クリントン陣営、5項目のオバマ攻撃作戦を開始)と題するニューヨーク・タイムズ紙の記事(2月26日)。

 After struggling for months to dent Senator Barack Obama’s candidacy, the campaign of Senator Hillary Rodham Clinton is now unleashing what one Clinton aide called a “kitchen sink” fusillade against Mr. Obama, pursuing five lines of attack since Saturday in hopes of stopping his political momentum.

 (ヒラリー・ロッダム・クリントン上院議員の選挙活動は数ヶ月にわたり、バラク・オバマ上院議員に打撃を与えようとしてきたが、ここへきてクリントンの側近が言うところのオバマ氏に対する「台所の流し」投げつけ攻勢を始めている。彼の政治的勢いを止めようとして23日以来、5の方面で攻撃を続けている)

 “kitchen sink”という言葉は、”everything but the kitchen sink”、”all but the kitchen sink”というイディオムからきている。動かすことが難しい台所の流し以外はすべて、つまり、ありとあらゆる物、何でもかんでもという意味である。攻撃のためには手段を選ばないという作戦。Wikipedia の”kitchen sink”の項には次のような説明がある。

 "Everything but the kitchen sink" is an English phrase used to denote wildly exaggerated inclusion. It is used in phrases such as, "He brought everything but the kitchen sink." It may also be rendered as, "Everything and the kitchen sink." In this case, "He brought everything and the kitchen sink." The kitchen sink is occasionally used as a visual gag in some illustrations, television programs, and other forms of visual media, again to denote a level of excess. "Kitchen Sink Politics" refers to a comprehensive and aggressive attack strategy against an opponent.

  ("Everything but the kitchen sink"は、含まれている物をひどく誇張して示すために使われる英語の慣用句。「彼は台所の流し以外、何でもかんでも持ってきた」などの言い回しで使われる。"Everything and the kitchen sink"と表現されることもある。この場合、「彼は台所の流しまで、何でもかんでも持ってきた」となる。過剰の度合いを表すために、イラストやテレビ番組、その他の視覚メディアで目で見えるギャグとして使われることもある。「台所の流し政治」とは、敵対者に対する広範囲で強引な攻撃を指す)

 ほとんどの場合、”kitchen sink”だけで説明をつけていないが、throw-everything-including-the-kitchen-sink campaign(AFP 3月6日)、the strategy -- "the kitchen sink" -- as in throwing everything, including the sink(Scripps Howard News Service 3月6日)、the term "kitchen sink time," meaning anything and everything gets thrown at the candidates(エルサレム・ポスト紙 3月4日)などと説明を加えている場合もある。

 英タイムズ紙(3月6日)の“Hillary Clinton's aggressive tactics drew voters back”(ヒラリー・クリントンの攻撃的な戦術、有権者を引き戻す)という記事は次のように述べている。

 Hillary Clinton's comeback victories in Ohio, Texas and Rhode Island were based on a newly aggressive strategy to attack Barack Obama directly and from all directions, a plan that was mapped out by her husband, Bill, who now exerts enormous influence on the inner workings of her campaign.

 (オハイオ、テキサス、ロードアイランドでのヒラリー・クリントンの再起の勝利は、バラク・オバマを直接かつ、あらゆる方向から攻撃する新たな攻撃的戦略に基づいていた。その計画は夫、ビルが打ち出したもので、彼は彼女の選挙運動の内部でいま非常に大きな影響力を行使している)

 The “throwing the kitchen sink” strategy was aimed at knocking Mr Obama off his stride, to sow doubts about his fitness to be commander-in-chief, to question his ethics and to convince enough voters that the messenger of hope and change was too risky a bet to prevail against the Republican attack machine leading up to November. At the same time, Mrs Clinton stopped focusing on the uninspiring message that she was a hard worker. Instead, she told Ohio and Texas repeatedly, she was a fighter.

 (「台所の流し投げつけ」戦略はオバマ氏を打ち倒すことを狙っていた。最高司令官にふさわしいかどうかの疑念をまくこと、彼の倫理を疑うこと、希望と変革のメッセンジャーは11月まで共和党の攻撃マシーンに打ち勝つためには、余りにリスクのある賭けであると有権者に十分納得させることである。同時に、クリントン夫人は彼女が勤勉な働き者であるというパッとしないメッセージに焦点を当てるのを止め、代わりに、彼女はオハイオとテキサスで、彼女は戦士であると繰り返し訴えた)

 タイムズ紙(3月7日)は攻撃の激しさを次のように表現している。

 Last week, with commendable honesty, Hillary Clinton's campaign announced that in a frantic push to save their candidate from defeat at the hands of Barack Obama, they were going to throw everything including the “kitchen sink” at him.

 (先週、見上げた正直さで、ヒラリー・クリントン陣営は、バラク・オバマに負けることがないよう必死の動きとして、「台所の流し」を含めたあらゆる物を彼に投げつけると宣言した)
In the last days before this week's critical Texas and Ohio primaries, Mrs Clinton hit Mr Obama not only with the sink, but with most of the plumbing, the countertops and a couple of heavy duty appliances for good measure.

 (今週のテキサスとオハイオの重要な予備選挙を前にした数日、クリントン夫人はオバマ氏を流し台だけでなく、配管のほとんどや調理台、おまけに頑丈な2、3の家電でもって殴りつけた)

 オバマの地元紙、シカゴ・トリビューンのMichael Tackettによる“Hillary Clinton's 'kitchen-sink' campaign pays off”(ヒラリー・クリントンの「台所の流し」作戦、功を奏す)という記事(3月5日)によると、クリントンはジョンソン元大統領を見習ったのだという。

 Somewhere, LBJ was smiling.
Lyndon Johnson was famous for saying, according to his biographer Robert Caro, that if a candidate was willing to do everything, truly everything needed to win, he probably would.

 (どこかで、LBJが笑っていた。彼の伝記作家、Robert Caroによると、リンドン・ジョンソンは次のように言っていたことで有名であった。候補者が何でもしようとし、勝つために本当に何でもしようとするなら、彼は恐らくするであろう)

 Johnson doubtless did not have a woman candidate in mind, but Hillary Clinton clearly followed the spirit of his guidance.
With no margin for mistake, she had to do what she had been unable to do previously: make Barack Obama mortal.

 (ジョンソンは疑いなく、女性の候補者を念頭に置いていなかった。だが、ヒラリー・クリントンは明らかに彼の助言の精神に従った。間違いの余地なく、彼女が以前できなかったことをしなければならなかった。バラク・オバマに致命傷を与えよ)

 Before the critical primaries in Ohio and Texas on Tuesday, her campaign had vowed to throw the "kitchen sink" at Obama to derail the momentum that had led to wins in 11 straight contests.
 She honored that vow. It paid off in Ohio, where she won a clear victory but probably not a huge number of additional delegates. It also paid off in Texas, where she won narrowly in the popular vote.

 (4日のオハイオとテキサスの重要な予備選挙の前に、11連勝してきた勢いを頓挫させるために、彼女の陣営はオバマに向かって「台所の流し」を投げつけることを誓った。彼女はその誓いを支持した。それはオハイオで功を奏した。そこでは彼女は圧勝したが、代議員を大量に増やすほどのではなかったようだ。テキサスでも功を奏した。そこでは彼女は投票で僅差で勝った)

 “kitchen sink” strategyとは具体的にはどのようなものであったのか。ウォールストリート・ジャーナル紙のSusan Davisの”Clinton Daisy Ad?”(クリントンのデイジー広告か)という記事(2月29日)によると、

 Sen. Hillary Clinton’s campaign has launched one of the most provocative television ads this presidential election campaign, and already it is drawing comparisons to President Lyndon Johnson’s controversial “Daisy” ad  in the 1964 campaign that suggested his opponent, Barry Goldwater, would lead the U.S. into nuclear war.

 (ヒラリー・クリントン上院議員の選挙運動は、この大統領選で最も挑発的なテレビ宣伝のひとつを開始した。 それはすでにリンドン・ジョンソン大統領の1964年の選挙運動で論争を巻き起こした「デイジー広告」と比べられている。それは彼の相手、バリー・ゴールドウォーターが当選すれば、米国は核戦争に巻き込まれると示唆したものであった)

 「デイジー」は、花びらを数えている小さな少女の背景で原爆のきのこ雲がさく裂するテレビCMである。

 Clinton’s national security ad, Children, is running in Texas, and asks voters who they would rather have in the White House when crisis strikes.

 (クリントンの安全保障に関する広告、“Children”はテキサスで流され、危機が訪れた時に誰が大統領であって欲しいか有権者に尋ねている)

 “It’s 3 a.m. and your children are safe and asleep but there’s a phone in the White House and it’s ringing,” the announcer says as images of sleeping children are shown. “Something’s happening in the world. Your vote will decide who answers that call. Whether it’s someone who already knows the world’s leaders, knows the military ― someone tested and ready to lead in a dangerous world. It’s 3 a.m. and your children are safe and asleep. Who do you want answering the phone?” The ad then cuts to a picture of Clinton working at night.

 (「午前3時。あなたの子供たちは安心して眠っている。だが、ホワイトハウスの電話が鳴っている」とアナウンサーが述べ、寝ている子供たちの姿が示される。「世界で何かが起きたのだ。誰がその電話に出るか、あなたの票が決める。世界の指導者たちを知り、軍隊が分かっているのは誰か。危険な世界を指導する試練を受け、準備ができているのは誰か。午前3時、あなたの子供たちは安心して眠っている。その電話に誰が出てほしいですか」。広告はそこで、夜中に働いているクリントンの姿に変わる)

 While the ad makes no mention of rival Sen. Barack Obama, it is meant to underscore Clinton’s case that she is more experienced than the Illinois senator.

 (広告はバラク・オバマ上院議員にはまったく触れないが、クリントンのほうがより経験があると強調することを意図している)
クリントンのこのテレビCMは、”red phone” adという言い方もされている。“red phone”とは、冷戦時代にホワイトハウスとクレムリンの間を結んでいたホットラインのことを指す。

 ニューヨーク・タイムズ(3月1日)は、このCMに対しするオバマの反応を次のように報じている。

 “In fact, we have had a red phone moment,” he said. “It was the decision to invade Iraq. And Senator Clinton gave the wrong answer, George Bush gave the wrong answer, John McCain gave the wrong answer,” voting to authorize force in Iraq. (Mr. Obama was not in the Senate at the time.)

 (「確かに、かつてred phoneの場面があった。それはイラクに侵攻する決定であった。(イラクに派兵することに賛成の投票をした)クリントン上院議員は間違った答えをした。ジョージ・ブッシュは間違った答えをした。ジョン・マケインは間違った答えをした」と彼は語った。オバマ氏は当時、上院議員ではなかった)

 The advertisement falls in a long tradition of 11th-hour political sirens warning the nation against electing someone new to the world stage and untested in a national crisis. Its most famous progenitors are the 1964 “Daisy” advertisement against Barry Goldwater in the 1964 race with Lyndon Johnson and Walter Mondale’s similar 1984 red phone commercial against Gary Hart.

 (その広告は世界の舞台には不慣れで、国家の危機には未経験な人物を選ぶことに対して、国民への土壇場での政治的警告という長年の伝統と一致する。最も有名な最初のものは1964年の選挙でリンドン・ジョンソンがバリー・ゴールドウォーターに対する「デイジー」の広告であり、1984年のウォルター・モンデールのゲリー・ハートに対するred phoneのCMであった)

 クリントン陣営のCMに対抗してオバマ陣営が流したのが、
Ringingだ。

 3月4日の予備選挙の結果についてオバマは5日、記者団に対して、“The kitchen sink strategy I'm sure had some impact. Particularly when many of you in the press corps felt that you had been too hard on her and too soft on me.”(「“台所の流し”戦略は確かに、ある程度の影響があった。特に報道陣の多くが、彼女に対して厳しすぎて、私に対して甘すぎると感じた時は」)と語った。

 クリントン陣営の”kitchen sink”戦略に対して、オバマ陣営はどう対抗していくのか。ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、デイビッド・ブルックスは“Playing by Clinton Rules”(クリントンのやり方に従う)というコラム(3月7日)で次のように述べている。

 He’s run against negativity and cheap-shot campaigning. He’s claimed that there’s an “awakening” in this country ― people “hungry for a different kind of politics.”
This message has made him the front-runner.

 (オバマはネガティブなこと、卑劣な言動に反対して立候補した。この国に「覚醒」がある、人々は「違った種類の政治に飢えている」と主張した。このメッセージで彼は首位に立った)

 Clinton can’t compete on personality, but a knife fight is her only real hope of victory. She has nothing to lose because she never promised to purify America. Her campaign doesn’t depend on the enthusiasm of upper-middle-class goo-goos.

 (クリントンは人格では競争できないが、ナイフを使った戦いだけが彼女の唯一の勝利の望みなのである。彼女は失うものがない。なぜなら、彼女は米国を純化するとは約束していない。彼女の運動は上位中流階級の政治改革運動家に依存していない)

 Besides, the real softness of the campaign is not that Obama is a wimp. It’s that he has never explained how this new politics would actually produce bread-and-butter benefits to people in places like Youngstown and Altoona.
If he can’t explain that, he’s going to lose at some point anyway.

 (加えて、運動が本当に柔軟なのはオバマが意気地がないからではない。彼は、この新しい政治が実際どのようにしてヤングスタンやアルトゥーナなどの人々に生活の糧をもたらすのか説明していない。もし彼が説明できないなら、彼はある時点で負けるであろう)

 一方、同紙のコラムニスト、ボブ・ハーバートは“Confronting the Kitchen Sink”(台所の流しと立ち向かう)というコラム(3月8日)で次のように述べている。

 In the run-up to the crucial Texas and Ohio primaries, the plan in the Clinton camp, as The Times reported, was to unleash as many lines of attack as possible ― a “kitchen sink” fusillade ― in the hope that something would work. Senator Obama is still trying to figure out how to respond.

 (テキサスとオハイオの重要な予備選挙前、本紙が報じているように、クリントン陣営の計画は、何かが功を奏するであろうと期待して、「台所の流し」投げつけという、できるだけ多くの方面で攻撃を開始することであった。オバマ上院議員は、まだどう対応するか思案している)

 Whatever anger and frustration he may be feeling, he should stick to the high road. He can’t win wrestling in the mud with Hillary Clinton. That will not put Barack Obama in the White House.

 (彼がどのような怒りや焦燥を感じようと、彼は王道を行くべきである。ヒラリー・クリントンと泥まみれになって戦っても、勝つことはできない。そうしたやり方では、バラク・オバマは大統領にはなれない)

 Mr. Obama’s strength was his message of hope and healing, the idea that he could bring disparate groups together to work on the nation’s toughest problems. That has gotten him this far, which is much further than almost anyone expected.

 (オバマ氏の力は希望と癒しのメッセージであった。この国の困難な問題に取り組むために、彼なら異なる集団を束ねることができるという考えである。それが、ほとんど誰もが予想した以上に、彼をここまでに持ってきた)

 He now needs an added dimension. He needs to articulate a vision. He needs to spell out to voters where he wants to take this country over the next few years, how he will alleviate the suffering of millions trapped in vicious economic circumstances and what he will do to restore the honor and prestige of the U.S. around the world.

 (彼はいま新たな次元を必要としている。ビジョンをはっきり述べる必要がある。この国を数年間でどこに持っていこうとしているのか、ひどい経済状況に追い込まれた数百万人の苦しみをどのように和らげるのか、世界での米国の誇りと威信を回復するために何をするのか、有権者に述べる必要がある)

 Political campaigns are not about fairness, but they can often be about vision. Voters want more from Senator Obama.

 (政治宣伝は公正さを必要とするのではなく、ビジョンを必要とすることが多い。有権者はオバマ上院議員からもっと知りたがっている)


(追記3月31日)
ウィリアム・サファイアーがニューヨーク・タイムズのコラム(3月30日)でkitchen sinkを取り上げている。

 それによると、クリントンの“kitchen sink strategy”を最初に報じたのは、CNNのAnderson Cooperで,2月25日の番組でこう述べている。

This weekend we heard anger, then we heard sarcasm from the Clinton camp. They now seem to be trying a kitchen sink strategy. That's a term an unnamed source told "The New York Times" in an article coming out tomorrow, basically throwing whatever they can to convince undecided voters. Is that going to work?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒラリー・クリントンの「台所の流し(キッチンシンク)戦略」 時事英語ブリーフィング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる